スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 スポンサー広告 ∧top | under∨
観ました。
2011-03-25 Fri 04:57
たった今、観終わりました。


感動!!


号泣しました。


キャメロンディアス主演映画


『私の中のあなた』


前から見たかったんだよね~。


よかった~。






=あらすじ=



弁護士のサラ・フィッツジェラルド(キャメロン・ディアス)は、夫・ブライアン(ジェイソン・パトリック)と長男ジェシー、長女ケイトとの4人暮らし。

だが、2歳のケイトが白血病に侵されていることが分かり、家族の生活は一変してしまう。

両親に残された希望はただひとつ。ケイトの生命を救う、ドナーにぴったりの新たな子供を遺伝子操作で作ることだった。

そうして次女のアナは生まれてきた……。

抜群の成功率を誇る弁護士キャンベル・アレグザンダー(アレック・ボールドウィン)の事務所に、ある日、意外な客が訪れる。


テレビのコマーシャルを見て彼を知ったというその11歳の少女アナ(アビゲイル・ブレスリン)は、真剣な表情で両親を訴えたいと言う。

白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)の治療のために、腎臓をひとつ提供することを要求されているというのだ。

しかも彼女にとって、これは初めてではなく、これまでにアナは何度も姉のために手術台の上に乗ってきた。

自分の体は自分で守りたい、とアナはアレグザンダーに告白をする。

アナの突然の起訴に驚きを隠せないサラとブライアン。

サラは激怒してアナを叱り飛ばすが、アナの意思は固く変わらなかった。

そんなアナの身勝手な行動を理解できないサラは、裁判所へと自ら出向きアナと戦うことを決意する。

しかし、法廷での裁判が続くにつれ、サラはアナの様子がどこかおかしいことに気付く。アナは何を隠しているのか。

何故、アナは突然自分の役目を降りて、大好きな姉を見殺しにするような選択をしたのか。

やがて、アナの口から真実が告げられ、アナの家族は衝撃の事実を耳にすることとなる……。



43e6e60e31.jpg
スポンサーサイト
別窓 日々のこと コメント:0 トラックバック:0 ∧top | under∨
<<アートイベント「Life Is Art」終わりました。 放浪楽描き ゆりえ★ 続)第3回 沖縄国際映画祭>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
 放浪楽描き ゆりえ★ 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。